ルイボスティーは妊婦さんにおすすめのお茶

健康茶として愛用する人が増えているルイボスティー。
気になるのが、妊婦さんでものめるのかどうかです。

妊婦さんはおなかに赤ちゃんがいるため、飲み物にはとても注意が必要
いつもは問題なく飲める飲料も、妊娠中は体の為にも飲んではいけないといったことが非常に増えるのです。
ですから、飲めるものも限られてきます。

ルイボスティーはノンカフェインですから、妊婦さんでも飲めます。
また、より体のことを考えて飲むのであれば、オーガニック有機栽培でできたルイボスティーを選ぶとなお安心です。

ルイボスティーには、栄養素として大切なミネラル類が豊富に、そしてバランスよく含まれています

妊娠中だけでなく授乳中に必要とされる亜鉛カルシウム鉄分が豊富。
妊婦さんだけでなく、授乳中の人にも最適なお茶なのです。

カフェインが及ぼす影響

妊婦さんが飲み物で一番に気を使うのが、「カフェイン」です。
カフェインが入っている飲み物は極力避けたほうがいいといわれています。

では、どうして妊婦さんはカフェイン入りの飲み物を飲んではいけないのでしょうか?

それは、妊婦さんがカフェイン入りの飲み物を飲むと、分子量の小さいカフェインは簡単に胎盤の中に入り込み、そして胎児にまで届いてしまうからです。

この際、母体と胎児が含む血液中のカフェインの濃度はほぼ同じといわれています。
ただ違うのは、母体はカフェインを排出することができますが、胎児はカフェインを排出することが未熟であるということ。つまり蓄積してしまうのです。

この、カフェインの危険性は出産後のママさんも同じです。
それというのも、出産後におかあさんは授乳という形であかちゃんとまだつながっています。
お母さんがカフェイン入りの飲み物を飲むと、少量ですが、そのカフェインが母乳にもふくまれてしまうのです。そうして赤ちゃんの体の中へ…。

赤ちゃんはまだ消化器系が未熟ですから、カフェインが体内に入るとその影響が強く出てしまいます。
カフェインは興奮剤のようなものですから、イライラしたり情緒不安定となってしまう為、夜泣きがひどいといったこともおこりうるのです。

また、カフェインはママさんにも悪影響を及ぼしていきます。
母乳の出を悪くしたり、鉄分の吸収を妨げたりと…その影響は大きいのです。

ですから、ノンカフェインのお茶は妊婦さんや授乳中のママさんにとっては必須なのです。そういったことからも、ノンカフェインのルイボスティーは、妊婦さん、そして授乳中のママさんに安心して飲めるお茶として人気なのです。